--- 令和二年 ---

その五八三 時間って 小さな声で ささやいたぼく 一月九日

その五八四 つぶやきが 銀河をはしる 光ったままで 一月二十一日

その五八五 高架下 とぎれた場所に 刻まれた名は 一月三十日

その五八六 闇の中 すきになったのは 君の気配で 二月八日

その五八七 主語のない だれかのことを 想う明け方 二月二十日

その五八八 ずぶぬれの 声が聞こえる 息すこし吐く 二月二十七日

その五八九 もしかして 過ぎ去ったのか 口ずさんでみる 三月九

その五九〇 ただいちど ふれていた指 まざまざと夢 三月十八日

その五九一 ノックする ノックされてる ノックバックして 三月二十七日

その五九二 ささやかな 記憶をたどる こんなにもなに? 四月十一日

その五九三 夕暮れの ゆうぐれる色 おしえてくれた 四月二十二日

その五九四 逢えないって ちがうことばで 言い換えてみて 四月二十八日

その五九五 いじわるな っていってしまえば ゆるされるの? 五月十二日

その五九六 フレームって 垣根のことだと 葉を掴んでる 五月十九日

その五九七 きらわれる きらわれていた 花びら風に 五月二十六日

その五九八 春って 風ですよねと あなたがいうから 六月八日

その五九九 あの街に ひとりいるひと ひとりのひとと 六月十六日

その六〇〇 ひかひかの 器のなかに なにかをいれて 六月二十五日

その六〇一 はらはらと 落ちてゆく羽根 触れたくなって 七月十日

その六〇二 よろこびも かなしみもぜんぶ わけられないよ 七月二十四日

その六〇三 喋る人 喋らない人 喋りたくない人 七月三十一日

その六〇四 うたがうって 心をひらくって だれかが言って 八月八日

その六〇五 炎天を みつめていたら いつか黄昏 八月十八日

その六〇六 プレイバック ほんとうの意味 おしえてくれた 八月三十日

その六〇七 見ていても 見てないふりで 明日をみてる 九月七日

その六〇八 ぬくもりを もう欲しがってる 九月の夜は 九月十六日

その六〇九 風にふかれて 足がゆらいで 地面を知った 九月二十九日


 

 

うたたね日記1 うたたね日記2 うたたね日記3
うたたね日記4 うたたね日記5 うたたね日記6
うたたね日記7 うたたね日記8 うたたね日記9
うたたね日記10  うたたね日記11 うたたね日記12
うたたね日記13 うたたね日記14 うたたね日記15
うたたね日記16 うたたね日記17 うたたね日記18
うたたね日記19


 
もりまりこプロフィール


酒折連歌賞HOME | 山梨学院NEWSFILE HOME


all image and content are copyright Sakaori Renga Awards,all rights reserved. No reproduction without permission.