--- 平成二九年 ---

その四八一 はつあかね ふれあう羽根が やわらかすぎて 一月十日

その四八二 ほのしろい せかいをみてる 一月の夜 一月十八日

その四八三 沈黙の 銀河がひとり 匂いを放つ 一月二十五日

その四八四 駐車場 星がわらった そんな気がして 二月七日

その四八五 するすると すべりおちても しずかにひろう 二月十六日

その四八六 星の砂 ひざをつくまで さがしつくして 二月二十七日

その四八七 かなしみは 金属系の 音に似ていて 三月二日

その四八八 注がれて 黄昏てゆく みるくのしずく 三月十五日

その四八九 まよなかの ラジオのように 耳がうなずく 三月二十五日 

その四九〇 くちびるが ころんだ音を つれてくる日は 四月七日 

その四九一 歩いても 歩いてもまだ たどりつけない 四月十八日

その四九二 椅子ふたつ 振り子が揺れる ゆきつもどりつ 四月二十四日

その四九三 いきものの いとなみだけが 風のまにまに 五月二日

その四九四 はてしない はてのはてまで ものがたられて 五月十六日

その四九五 どこからか ふりそそいでは きえてゆく線 五月二十六日

その四九六 しましまの 影をみつけて 目で追う猫は 六月五日

その四九七 ぽっかりと にじんだまるが だえんをゆめみる 六月十五日

その四九八 笹の葉が もえつきるまで 星にふれてる 六月二十七日

その四九九 かなしみが ねじれるときの 音を知ってる 七月三日

その五〇〇 風のなか 音符が舞うよ どこどこまでも 七月十五日

その五〇一 一輪の 花火のかたち 見失うまで 七月二十七日


 

 

うたたね日記1 うたたね日記2 うたたね日記3
うたたね日記4 うたたね日記5 うたたね日記6
うたたね日記7 うたたね日記8 うたたね日記9
うたたね日記10  うたたね日記11 うたたね日記12
うたたね日記13 うたたね日記14 うたたね日記15
うたたね日記16


 
もりまりこプロフィール


酒折連歌賞HOME | 山梨学院NEWSFILE HOME


all image and content are copyright Sakaori Renga Awards,all rights reserved. No reproduction without permission.